注文住宅で取り入れる出窓はおしゃれなだけじゃない!有効な活用方法とは?


室内が明るく、広々と見える出窓は眺望が良好!

注文住宅の家づくりを考えているとき、出窓を取り付けようか検討することもあるでしょう。部屋に出窓があると、外観も内観も、どちらから見てもとてもおしゃれな雰囲気になりますよね。出窓は壁から出っ張るような造りになっています。一般的なフラットな窓よりも、出窓のほうが窓ガラスの面数が多いため、室内に採光が入りやすいです。ですから出窓を設置すると、部屋が明るくなるというメリットがあります。そして、奥行きのある出窓は部屋が広く見えて、景色を楽しめるところも魅力的なポイントです。1階に出窓があれば、趣味のお手入れしたガーデニングのある庭を眺められます。2階以上の部屋に設置すれば、周辺の景観を眺望できるところも嬉しい点です。

出窓は使い勝手がいい!

出窓はさまざまな使い道があるところが魅力的です。ベッドを出窓の近くに配置すれば、出窓のカウンターがナイトテーブル代わりになります。本やメガネ、スマートフォンや目覚まし時計等、色んな必需品を置くことができます。観葉植物や生花を置いて窓際をディスプレイにして飾るのも良いでしょう。陽が差し込む窓際から、緑や四季折々の花を飾ると、キレイで美しい部屋を演出できます。このように、出窓を設置すると棚を置く必要がなくなるため、室内の見た目もスッキリとした印象になります。そして、出窓はベンチに使える点も見逃せないポイントです。明るい光が差し込む窓際で、読書を楽しみ、コーヒーを飲んだり、お昼寝をしたりと、居心地の良い時間を過ごせます。

注文住宅は自分好みの間取りや設備をオーダーできるのが魅力です。しかし自由度が高い分、費用もかさみやすいので注意しましょう。