ローコストで素敵な家を建てるには提案力の優れた業者を選ぼう!


そもそも業者の提案力とは?

家造りは理想がどんどん高くなると、予算オーバーしてしまいます。できるだけローコストで、それでいて希望通りの家を建てるには、業者の提案力が重要です。家を建てるとき業者と打ち合わせをしますが、そのときにだいたいの予算と完成イメージを伝えます。それを実現するためには、使う材料や施工方法、設計図や資金計画などさまざまな工夫が必要です。業者がいかに良いアイデアを提案してくれるかが、成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

建材や施工方法を工夫してくれる

例えばアンティークの玄関ドアを付けたい場合に、希望するウッドドアがかなり高価だとします。そんなときに提案力のある業者であれば、アンティーク調に見せることができるドア作りを考えてくれるでしょう。ローコストの木材でも、塗料の塗り方などを工夫すれば、本格的なアンティークのドアのように見えます。予算内におさめるには建材選びがとても大切ですし、大工の技術によって無理なことも可能になるケースがありますよ。

間取りや設計のアイデアを出してくれる

設計ひとつにしても価格は異なります。当然のことながら部屋数を増やすとその分手間も増えるので工費は高くなります。予算内での家造りは、間取りの考え方もとても大事です。部屋は開放感のあるスペースを初めは設けて、住み始めてから仕切りをリフォームするというやり方もあります。いろいろなアイデアで、家を建てるときの費用を抑えることができます。設計は工事を進める前にしっかり考えなければなりません。提案力のある業者は、設計図面を書く時点で予算に合うおすすめの間取り設計を考えてくれることでしょう。相談を重ねながら、ローコストで素敵な家を実現させたいものですね。

購入費が2000万の家は間取りや築年数などの要素で多少の違いはあるものの、地価が安い郊外や過疎地に多く見られます。家の資産価値は地価に影響されることから、必然的に安価な物件は郊外や過疎地に集中するのです。