窓で室内環境が激変する!?意外と難しい配置場所


家造りにおいて窓は脇役ではなく主役

窓は適当に設置すればよいと考える人は意外と多いですが、窓は決して脇役ではありません。家造りにおける主役と言えるほど重要で、それは室内環境に大きく影響するからです。例えば窓がひとつもなければ、室内は日中でも真っ暗になってしまうでしょう。逆に窓が多すぎたり大きすぎたりすると、部屋が明るくなりすぎる、外からの視線が気になる、日差しが強く差し込む、などの問題が発生します。カーテンで日差しの調整はできますが、常にカーテンを閉めている状況は外観的によくないと考える人は少なくありません。室内にはほどよい日差しが入り込むくらいがちょうどよいです。日陰にある部屋はジメジメしやすく、カビを発生させるリスクを高めるからです。

窓の配置は設計者とよく相談して決めよう

窓の設置場所や大きさに関しては、設計者と相談しながら考えていきましょう。部屋を明るくするために天井に窓を設置したら、部屋が明るく暑くなりすぎたという話は実際にあります。家をどこに建てるのか、建物はどのような方向か、などによって窓の配置を調整していく必要があるわけです。

また窓には換気をする目的もあるので、窓が少ないと室内の空気がよどんだり、アレルギーやカビのリスクを高めたりするリスクがあります。一方でリモートワークをする部屋は、窓が皆無のほうが落ち着けるといった人もいます。世間一般的な窓の配置が必ずしも正解とは限らないのです。設計者と打ち合わせをするときは、各部屋をどのような用途で使用するか伝えてからアドバイスを受けるようにしてください。

平屋住宅の大きな魅力の一つは、暮らしやすいことです。階段のないワンフロアでの生活は、バリアフリーで安全に暮らしやすく、また、家事動線がシンプルになることも暮らしやすさに繋がります。