二世帯住宅のメリットとは?3つの種類についても解説


二世帯住宅を選ぶメリット

二世帯住宅のメリットとして1番に挙げられるのは、子供の面倒を親に見てもらえることです。共働きの場合、すぐそばに子育てを手助けしてくれる存在がいると、安心感や心強さが感じられるでしょう。親世帯にとっても、孫の成長をそばで見守ることが出来るというメリットが得られます。子供(孫)が体調を崩してしまったときなど、お互いに何かしらの異変があった際にすぐに対応できるでしょう。また、二世帯住宅は双方の経済的な負担の緩和にも効果的です。親世帯と子世帯の住宅を別々にするよりも、建築費を安く抑えられます。2世帯分を1つにまとめるため、電気や水道、ガスにかかる基本料金の節約にもつながるでしょう。

二世帯住宅の3つの種類とメリット

二世帯住宅には、大きく分けて3つの種類があります。1つ目は完全同居型です。基本的には、寝室のようなプライベートな空間を除く全てのスペースを共有します。プライバシーの確保は難しくなるものの、助け合いながら賑やかに生活していけるでしょう。2つ目は部分共用型です。玄関など1部分のみを二世帯で共有し、居住スペースは分けます。完全同居型と完全分離型の両方のメリットが得られるでしょう。3つ目は完全分離型です。親世帯と子世帯でそれぞれ玄関をつくり、全ての居住スペースを分離します。お互いのプライバシーをしっかりと確保しつつ、ほどよい距離感を保つことが出来るでしょう。

3つの種類によって得られるメリットも異なるため、それぞれの希望する条件に最も合う二世帯住宅の種類を選ぶようにしてください。

二世帯住宅住宅は分離型と同居型の2種類に分けられます。同居型は予算の削減、分離型はプライベートの確保といったそれぞれのメリットを考慮した上で決めることが大切です。